So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

香妻琴乃が日本女子アマで対戦した現「大物プロゴルファー」とは? [アマチュア時代]

第50回日本女子アマチュアゴルフ選手権競技は
2008年6月26日に
兵庫県の廣野ゴルフ倶楽部でマッチプレー初日を迎えました。
マッチプレー初日に、1,2回戦を行い、ベスト8が決まります。

マッチプレーの進出をかけた、
前日、前々日の2日間のストロークプレーで、

18ホール最少スコア、 36ホール最少スコア、 最年少メダリスト

と50年の歴史ある日本女子アマの記録を
次々と塗り替えたスーパー高校生の香妻妻琴乃は、
マッチプレー初戦で、西山敦子さんと戦うこととなりました。

西山敦子(現在の氏名は守谷敦子)さんは、
2006年の日本女子ミッドアマチュアチャンピオン!

その後2010年、2014年と
日本女子ミッドアマチュアゴルフ選手権競技で優勝、
現在もアマチュアゴルフ界で活躍する選手です。

16歳の香妻琴乃にとっては、一回り以上年齢差のある選手。

そんなベテラン西山敦子を若干16歳の高校生、香妻琴乃は、
6&5の大差で撃破し、2回戦進出となりました。

竹村真琴、藤本麻子、森田理香子らも順当に2回戦へと駒を進めましたが、
ナショナルチーム・チームジャパンジュニアの大江香織・森美穂らは、1回戦で姿を消しました。

【可愛い女子ゴルファー竹村真琴、森美穂とは?】


同じ日に行われたマッチプレーの2回戦
香妻琴乃の相手は、
森田理香子!!!

2008-8.jpg
【http://www.jga.or.jp/】

現在の女子ゴルフ界を牽引するプロゴルファー!

2013年、プロ6年目で初の賞金女王に輝くこととなる“逸材”相手に、
16歳の香妻琴乃は、真っ向から勝負を挑み、堂々のプレーを展開したのです。

香妻琴乃VS森田理香子の試合結果は、いかに??【つづく】

スポンサーリンク
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。