So-net無料ブログ作成
検索選択

日本女子アマで香妻琴乃が歴史的快挙を達成していた!! [アマチュア時代]

香妻琴乃は、アマチュア時代の2008年に
「第50回日本女子アマチュアゴルフ選手権競技大会」に出場しています。

実に16歳、宮崎県の日章学園高校1年だった香妻琴乃は、
第50回日本女子アマチュアゴルフ選手権競技大会で、
歴史的快挙を記録
しているのです。

2008-1.jpg
http://www.jga.or.jp/】

第50回日本女子アマチュアゴルフ選手権競技大会は
2008年6月24日に
兵庫県の廣野ゴルフ倶楽部で開催されました。

ナショナルチームメンバーをはじめ、地区予選を勝ち抜いた136人が出場。

大会方式は、
まずは、予選ラウンド36ホールのストロークプレーで上位32名を決定し、
その32名がトーナメント方式によるマッチプレーにより優勝者を決めるものです。

2008年6月24日に行われた予選第1ラウンド

2008.jpg
【http://www.jga.or.jp/】

キャディーに弟の香妻陣一朗君(当時13歳)を従え、
スタートした香妻琴乃は、
1番3メートルのバーディーパットを沈めると、
3番では6メートルのバーディーパットを沈めて波に乗り、
6番ではセカンドをピンそば30センチにつけて3アンダー
7番パー3ではティーショットがグリーンを外れるも、
ラフからの2打目をチップインバーディー

香妻琴乃は、
「何をやってもうまくいった」
と振り返るほど。

インに入っても、
ショット、パットがかみ合い4バーディーを奪うゴルフを展開。


初日、香妻琴乃は、
8アンダーの64のスコアを叩きだし、 ファーストラウンドを1位で終了しました。
・・・プロ転向後もあまり出したことがないスコア(・_・;)

しかもこのスコアは、
日本女子アマ50回の記録の中でも、
18ホールのスコアとしての大会記録を2打も塗り替える記録でした。

2008-2.jpg
【http://www.jga.or.jp/】

香妻琴乃は、
「パットが入った。構えるとまっすぐ行く感じだった。
パーを取るつもりで行ったのがよく、リズムに乗れた」とラウンドを振り返っています。

初日終わって2位には
5アンダーの67をマークした竹村真琴が続いています。

竹村真琴といえば、
その後、これまた「美人プロゴルファー」として活躍することになる選手。

【女子ゴルファーかわいいランキングはこちらをクリック】

そして、1アンダーの5位タイには、
この大会の優勝候補の藤本麻子と森田理香子!!

これまた、その後、トッププロゴルファーとなる2人が出場しておりました。

さすがに、アマチュア最高峰の大会だけあって、
現在の女子プロゴルフ界を背負って立つ選手たちが出ていたのですね。

【香妻琴乃は日本女子アマで最年少メダリスト!の記事へ続く】


スポンサーリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。